クマよりも危険なスズメバチ〜スズメバチ駆除と対策について〜

よく見かけるスズメバチは危険で被害数がとても多い

スズメバチ駆除をするなら巣が完成する前に行なう

スズメバチの危険性はほかにもある

自宅の敷地内にキイロスズメバチの巣を見つけた時は、すぐにスズメバチ駆除を行なわないといけません。これは刺されてしまう以外に、もっと危険なオオスズメバチを呼び寄せることになるからです。オオスズメバチはキイロスズメバチの巣を標的にすることがあり、大量のオオスズメバチが巣に集まってきます。オオスズメバチはハチの中でも大型で、攻撃性が高いためスズメバチ駆除も難しくなるのです。ですから、早めに対処して被害を最小限に抑えることが重要です。

引越しが多いスズメバチと言えば「キイロスズメバチ」

スズメバチの巣を発見して、そこに近づかないようにすれば安心する人が多いです。キイロスズメバチには巣を引っ越しするという性質があり、発見しても別の場所に巣を作ってしまうことがあります。キイロスズメバチは最初に狭い場所に巣を作って、数が増えて狭くなると他の場所で巣作りを開始するのです。その時は、働きバチの数も多く短期間で大きな巣を完成させてしまうのです。スズメバチの巣を見つけた際は、放置せずに早めにハチ退治してください。

巣作りの時期に気を付けよう!スズメバチ駆除なら早い段階が安全

巣を作る蜂

スズメバチの巣には大量のハチが生息していますが、最初は女王バチ1匹だけです。越冬して春に目覚めた女王バチだけで巣作りと産卵を行なうため、巣は小さく襲われる危険性もほとんどありません。スズメバチ駆除を成功させるには、巣が未完成で働きバチが羽化する前に行ないましょう。6月になると、働きバチが羽化するため巣作りのペースは速くなって危険性も高くなってしまいます。自分でスズメバチ駆除をする人は、巣作りを始めたばかりの時に行なってください。

TOPボタン